焼酎の楽しみ方を知る!焼酎を飲む時に知っていると役立つ雑学をたくさんご紹介

このサイトではお酒初心者の方でもわかりやすく、焼酎を飲む時に知っていると役立つ雑学や楽しみ方について詳しく紹介しています。
他にも、この種類のお酒の特徴として適量を飲むならば体内の血液をサラサラにする働きを持っているという点や、ダイエット中や健康を気にされる方にとって知っておきたいカロリーについても紹介しています。
今までこのお酒を飲む機会が少なかったという方も、特徴や正しい飲み方などをきちんと知っておくことで普段以上にお酒を楽しめるようになります。

焼酎の楽しみ方を知る!焼酎を飲む時に知っていると役立つ雑学をたくさんご紹介

普段焼酎を飲む機会が少ないという方は多いですが、焼酎の特徴や役立つ雑学を知っておけば普段以上にお酒を楽しめるようになります。
初心者でも挑戦しやすい飲み方としては、定番のロックや水割り、お湯割りなどが挙げられますが、お酒本来の味わいを楽しみたいと考えているならロックがおすすめです。
はじめはストレートのような強い素材の味わいが楽しめ、さらに時間が経つにつれて氷が溶けていき水割りのような優しい味わいが楽しめるのでお酒初心者こそ挑戦して欲しい楽しみ方です。
味わいを変えたい場合には梅干しやレモンスライスを添えるとより味わい深くなります。

焼酎は製造方法によって2つに分類することができる

焼酎には芋や麦、米やソバなど様々な原料で作られ、「もろみ取り」と「粕取り」の2種類に分類できます。
「もろみ取り」は、米麹か麦麹に水と酵母を入れて発酵させたものに芋やソバなどの主原料を加えて発酵熟成させ、そのもろみを単式蒸留機で蒸留するという製造方法です。
一方の「粕取り」は、清酒を作るときに出る酒粕をセイロ式蒸留機で蒸留して作る方法ですが、蒸気を通りやすくするためにもみ殻を用いています。
それが粕取り式の焼酎の香りや風味のもとになります。
焼酎は、麦や芋などの主原料と麹による種類があり風味も異なってくるのです。
もともと麹は米から作られていましたが、近年では麦からも作られるようになりました。
焼酎の発酵には一次と二次があり、一次では麹と組み水に培養酵母を加えて大量の酵母を生み出すとともに、二次もろみで必要な酵素とクエン酸を溶かしだします。
二次では一次で作られたもろみに芋や麦などの主原料を入れて糖化と発酵を進めます。

焼酎の味わいを決めるのは製造工程

喉越しが良くて、色んなお料理にあうお酒をご存知でしょうか。
それは焼酎であり、日本ではおもに九州地方で生産をされています。
主原料がサツマイモと麦の2種類しかありませんが、風味が豊かな品が多く存在するのも特徴です。
なぜ焼酎は色んな味わいで構成をされてるのか、それは製造工程がカギを握っています。
ビールやウイスキーなどのアルコールの場合、基本的には蒸留という作業で生み出されるものです。
そのため、大半が同じ風味を醸し出しています。
ところが焼酎の場合は大きく異なり、約40の製造工程の中でもろみや麹を含ませつつ一定期間暗室で寝かして完成されます。
この工程は酒造ごとに違ってて、同じ原料を使用していても味わいが変わっていくわけです。
なかでも寝かす期間も大きく起因しており、銘酒と言われる薩摩も銘柄であれば約5年間は暗室で徹底した温度・湿度管理をされて出荷をされます。
人気があるのは甘みが強いもので、若い女性に支持されています。

焼酎は蒸留酒だから体を冷やしにくい

焼酎を久しぶりに飲んでみると、ビールや日本酒などを飲んだ時よりも体全体がポカポカと温められる感じがして気持ちよいと思える瞬間があると思います。
その感覚はけして間違いではなく、焼酎には体を温めてくれて冷えを感じさせない効果が期待できるとされる研究データが出ているのです。
その主な理由には、焼酎は蒸留酒の一種と区分されていることが関係してるのかもしれません。
蒸留酒について詳しく説明していくと、醸造酒(発酵液)を程よく熱し、水とアルコールの沸点の違いを利用して作られるお酒のことを指しています。
これらの工程を丁寧に行うことで一般的な醸造酒よりもアルコール度数の高い液体を生み出すことに成功したのです。
海外の有名なお酒の種類だと、アルコール度数が高めなウォッカやラム酒などがこの仲間になりますが、日本では焼酎が最も体を温めてくれるお酒とされていて、寒い冬場に好んで飲む方が多いのもこれが理由だと言われています。

焼酎は善玉コレステロールを増やす効果がある

お酒の種類にもいろいろとありますが、やはり飲むときは体への負担も考えてできるだか体に優しい物を選びたいところです。
健康診断をすると体の状態を把握できるようになりますが、コレステロール値の高さを指摘された人もいるのではないでしょうか。
特に悪玉コレステロールの数値が高い人は気をつけたいところです。
悪玉コレステロールが増えることは動脈硬化のリスクも高まります。
お酒の飲みすぎは健康に良くないというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、適度な飲酒はストレス解消になりますし、健康維持にも役立つといわれています。
日本では焼酎も高い人気ですが、焼酎や泡盛には善玉コレステロールを増やす効果があることもわかっています。
適度なアルコールは血流を促進させますし、血栓を溶かすのにも役立つとのことです。
もちろん、アルコールを飲みすぎることは逆効果につながりますが、適量を守れば焼酎の薬効も期待できます。
本格焼酎は糖質が少ないという特徴もあるので、肥満が気になる人にも向いています。

焼酎に関する情報サイト
焼酎の雑学と楽しみ方

このサイトではお酒初心者の方でもわかりやすく、焼酎を飲む時に知っていると役立つ雑学や楽しみ方について詳しく紹介しています。他にも、この種類のお酒の特徴として適量を飲むならば体内の血液をサラサラにする働きを持っているという点や、ダイエット中や健康を気にされる方にとって知っておきたいカロリーについても紹介しています。今までこのお酒を飲む機会が少なかったという方も、特徴や正しい飲み方などをきちんと知っておくことで普段以上にお酒を楽しめるようになります。

Search